酒井 研究業績

研究業績

学位論文


  1. 学位論文「構造物の動的非弾性応答解析における非反復時間積分法と地震工学への応用に関する研究」,京都大学, 1998.
  1. 秦吉弥,野津厚,中村晋,一井康二,酒井久和,丸山喜久:2011年東北地方太平洋沖地震で被災した橋梁での余震観測と地震動の推定,日本地震工学会論文集 Vol.12,No.3,pp.49-52,2012.
  2. 秦吉弥,酒井久和,一井康二,野津厚,丸山喜久:サイト特性置換手法に基づく2007年新潟県中越沖地震における青海川地すべり地での地震動の評価,土木学会論文集A1,Vol.68, No.2, pp.265-270, 2012.
  3. 秦吉弥,一井康二,酒井 久和:経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動推定手法に基づく2005年福岡県西方沖の地震における玄界漁港での地震動の評価,土木学会論文集A1,Vol.38 , No.2, pp.242-247, 2012.
  4. 秦吉弥,野津厚,一井康二,酒井 久和:サイト特性置換手法に基づく2011年東北地方太平洋沖地震における横浜・柴町集合住宅での地震動の評価,土木学会論文集A1,Vol.68, No.1, pp.167-172, 2012.
  5. 秦吉弥,一井康二,丸山喜久,福島康宏,酒井久和,中村晋:位相を考慮したサイト特性置換手法の震源近傍地点での適用- 2004 年新潟県中越地震における検討 -,構造工学論文集,Vol.57A, pp.340-353, 2011.3.
  6. 酒井久和,長谷川浩一,Nelson Pulido:広域水道管路に対する震害予測手法の提案-2004年新潟県中越地震への適用-,土木学会論文集A1,Vol.66, No.3, pp.561-567, 2010.8.
  7. 酒井久和,田尾徹郎,速水喜裕,三村誠:清水寺参道の石積み擁壁の耐震性評価,歴史都市防災論文集,Vol.4,pp.77-81, 2010.7.
  8. 酒井久和,山地智仁,小川悟史:不連続変形法に基づく2001年芸予地震時の石積み擁壁の崩壊シミュレーション,土木学会論文集A1,Vol.65,No.1,pp.575-580,2009.
  9. 酒井久和,田尾 徹郎,宮本 雄樹,正岡 淳也:呉市中央地区の小学校通学路における石積み擁壁の地震ハザードマップ,日本建築学会構造系論文集,Vol.74, No.645, pp.2111-2117, 2009.11.
  10. 吉澤睦博,酒井久和,渦岡良介:河川堤防の耐震性評価における継続時間の長い地震動に対する有効応力解析の適用性の検討,構造工学論文集,Vol.55A, pp.415-420, 2009.3.
  11. 酒井久和,山崎誠,八木康夫,伊津野和行,土岐憲三:想定東南海地震に対する大学キャンパスでの緊急地震速報の利用に関する基礎的検討,日本地震工学会論文集,第8巻,第1号,pp.32-47,2008.2.
  12. 土岐憲三,岸本英明,古川秀明,酒井久和:花折断層による京都盆地の3次元非線形有限要素法による強震動予測,日本地震工学会論文集,Vol.7,No.5,pp.45-59,2007.8.
  13. 秋吉将史,小野祐輔,酒井久和,西田真悟:SPH法によるせん断土中モデルの有効応力解析,土木学会地震工学論文集,Vol.29,CD-ROM,2007.8.
  14. 岸祐介,伊津野和行,酒井久和,土岐憲三:文化財の転倒防止に関する2,3の考察,歴史都市防災論文集,Vol.1,pp.117-122, 2007.6
  15. 酒井久和,吉澤睦博,岡島充典:液状化流動解析を用いた河川堤防の耐震性評価におけるFL算定法の影響,第12回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.610-613,2006.11.
  16. N.Pulido, M.Matsuoka, H.Sakai and K.Hasegawa : Strong motion simulation of the 2004 Niigata-ken Chuetsu earthquake by using asperity model and a Vs30 map, The 12th Japan Earthquake Engineering Symposium Proceedings,pp.1426-1429, 2006.11.
  17. H. Sakai and M. Yoshizawa:Evaluation of Seismic Capacity of River Dikes in Urban Areas during a Large Tsunami-Earthquake,Proceedings of the 8th U.S. National Conference on Earthquake Engineering, 2006.4.
  18. K. Hasegawa, H. Sakai, K. Wakamatsu and T. Sato:Damage Analysis of Water Supply Pipes due to the 2004 Niigata-ken Chetsu, Japan Earthquake,Proceedings of the 8th U.S. National Conference on Earthquake Engineering,2006.4.
  19. 酒井久和,長谷川浩一,ネルソン・プリード,佐藤忠信:新潟県中越地震における強震動と道路被害の関係,構造工学論文集,Vol.52A, No.1, pp.301-308, 2006.3.
  20. 長谷川浩一,酒井久和,若松加寿江,佐藤忠信:2004年新潟県中越地震における水道管被害の空間分析,GIS-理論と応用, Vol.13, No.2, pp.41-45, 2005.12.
  21. 酒井久和,吉田望,澤田純男:非線形地盤震動解析における時間積分法の誤差,土木学会論文集, No.794, pp.291-300, 2005.9.
  22. 酒井久和,吉田望,澤田純男:地震応答解析結果に及ぼす地震動離散化の影響,応用力学論文集, Vol.8, pp.719-726, 2005.8.
  23. F.Zhang, N.Pulido and H.Sakai : Ductility response of SDOF system using reversed rectangular pulses, Proc. of 9th International Conference on Structural Safety and Reliability, pp.3913-3920, 2005.6.
  24. 若井明彦,酒井久和,湯浅明:地盤と構造物の動的解析と構成モデル,土と基礎,Vol.52, No.8, pp.19-21, 2004.8.
  25. 張富明,酒井久和,河村廣,久保哲夫:正負地道インパルスによる1自由度完全弾塑性系の地震応答の予測,構造工学論文集,Vol.50B, pp.435-440, 2004.3.
  26. R.Honda, H.Sakai and S.Sawada : Non-iterative time integration scheme for nonlinear dynamic FEM analysis, Earthquake Engineering and Structural Dynamics, Vol.33, Issue 1, pp.111-132, 2004.2.
  27. 酒井久和,澤田純男:有効応力解析に基づく基盤入射波の推定,土木学会論文集,No.752, pp.289-297, 2004.1.
  28. H.Sakai, N.Pulido, F.Zhang and T.Kubo : Systematic identification of non-linear ground parameters for the calculation of incident wave, 11th ICSDEE & 3rd ICEGE Proceedings, Vol.2, pp.238-245, 2004.1.
  29. 張富明,酒井久和:材端ヒンジモデルによる鉄筋コンクリート橋脚の崩壊解析,土木学会地震工学論文集, Vol.27, CD-ROM, 2003.12.
  30. 張富明,酒井久和,山下忠道,久保哲夫:陽な漸化式を用いた剛性変化時刻の推定並びに地震応答の計算,応用力学論文集,Vol.6, pp.763-768, 2003.8.
  31. 酒井久和,野津厚:地中構造物の損傷に影響する地震動の周波数成分,第11回日本地震工学シンポジウム論文集,No.194, pp.1033-1038, 2002.11.
  32. 酒井久和:基盤入射地震動推定に用いる非線形地盤パラメータの大域的探索法による同定,応用力学論文集,Vol.4, pp.523-530, 2001.8.
  33. 酒井久和:GAを用いた基盤入射地震動推定のための非線形地盤特性値の同定,土木学会論文集,No.682, pp.165-175, 2001.7.
  34. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:ポートアイランドにおける時間領域での基盤入力地震動の推定,土木学会論文集,No.612, pp.373-378, 1999.1.
  35. H.Sakai, S.Sawada and K.Toki : Identification of incident seismic wave in time domain considering non-linear behavior of soil, Proceedings of Second International Conference on Earthquake Geotechnical Engineering, Vol.1, pp.193-198, 1999.6.
  36. 酒井久和,土岐憲三:兵庫県南部地震で被災した高架橋の地震時非弾性挙動解析,第10回日本地震工学シンポジウム論文集,pp.349-355,1998.11.
  37. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:時間領域での基盤入力地震動の推定法に関する基礎的研究,土木学会論文集,No.577, pp.53-64, 1997.10.
  38. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:収束計算を行わない動的非線形FEMのための時間積分法,土木学会論文集,No.507, pp.137-147, 1995.1.
  1. T.Futagami, H.Sakai, K.Kakugawa, A.Fujimoto, T.Fukuhara, Y.Fujiwara and S.Sakurai : Debris flows promoted by mechanical deterioration of the ground due to eutrophication of hillside ecosystems,Risk Analysis VII & Brownfields V , pp.703-714, 2010.5.
  2. H.Sakai : Earthquake damages of cultural heritage in Mid Java Island, Proceedings of Taiwan-Japan Joint Conference for Historical City Disaster Mitigation, 2006.11.
  3. H.Sakai and M.Yoshizawa : Seismic Capacity Evaluation of River Dikes using Finite Element Deformation Analysis, Proceedings of the 1st Greece-Japan Workshop on "Seismic Design, Observation, and Retrofit of Foundations", pp.375-381, 2005.10.
  4. H.Sakai, S.Sawada and K.Toki : Simulation of Non-linear Seismic Response of Embankment Considering Tensile Failure of Soil, International Symposium of Earthquake Engineering Commemorating Tenth Anniversary of the 1995 Kobe Earthquake, 2005.1.
  5. H.Sakai and S.Sawada : Estimation of incident seismic wave based on effective stress analysis, 13th World Conference on Earthquake Engineering, 2004.8.
  6. F.Zhang, T.Yamashita, H.Sakai and T. Kubo : Vertical resistance of RC piers subjected to simultaneous horizontal and vertical ground motions, Asia Conference on Earthquake Engineering, Technical Proceedings, Vol.2, pp.21-32, Manila, 2004.3.
  7. N.Pulido, B.Bautista, L. Bautista, H. Sakai, H. Arai and T. Kubo : Seismic vulnerability evaluation of urban structures in Metro Manila, Part 1:Generation of strong ground motion from a scenario earthquake of the West valley fault, pp.227-237, Vol.1, Asia Conference on Earthquake Engineering Technical Proceedings, Manila, 2004.3.
  8. H.Sakai, B.Bautista, L.Bautista, N.Pulido, H.Arai and T.Kubo : Seismic vulnerability evaluation of urban structures in Metro Manila, Part 3: Response of shallow soil layers, pp.251-260, Vol.1, Asia Conference on Earthquake Engineering Technical Proceedings, Manila, 2004.3.
  9. H.Sakai, S.Sawada and K.Toki : Non-linear analyses of dynamic behavior of embankment structures considering tensile failure, 12th World Conference on Earthquake Engineering, No.678/5/A, 2000.12.
  10. H.Sakai, S.Sawada and K.Toki : Non-iterative Computation Scheme for Analysis of Nonlinear Dynamic System by Finite Element Method , Proceedings of 11th World Conference on Earthquake Engineering, No.956, 1996.6.
  1. 角川幸治,二神種弘,酒井久和,松田正明,近森直道,天野嘉了,藤原靖,服部弘道,櫻井春輔:地盤を力学的劣化させる富栄養化物質の移動,第57回地盤工学シンポジウム,2012.11.
  2. 酒井久和,奥村誠,塩飽拓司,香川敬生,長谷川浩一,澤田純男,多々納裕一:地震時における斜面の簡易信頼性評価法に関する基礎的研究,第32回土木学会地震工学研究発表会,2012.10.
  3. 酒井久和,秦吉弥,渦岡良介,吉澤睦博:既往地震の鳴瀬川河川堤防の被害に基づく簡易耐震性評価手法の検討,第32回土木学会地震工学研究発表会,2012.10.
  4. 秦吉弥,酒井久和,野津厚,一井康二,丸山喜久,角田光法:経験的サイト増幅・位相特性を考慮した強震動推定手法に基づく既往の大規模地震における鳴瀬川堤防沿いでの強震動の評価,第32回土木学会地震工学研究発表会,2012.10.
  5. 秦吉弥,静間俊郎,酒井久和,一井康二,丸山喜久,村上陽平:フラジリティカーブに基づく河川堤防の地震時被災確率に関する基礎的研究,第32回土木学会地震工学研究発表会,2012.10.
  6. 秦吉弥,野津 厚,一井康二,酒井久和:盛土構造物の残留変形に影響を及ぼす地震動の周波数帯域に関する基礎的検討,第32回土木学会地震工学研究発表会,2012.10.
  7. 秦吉弥,野津厚,一井康二,丸山喜久,酒井久和:我孫子市布佐地区における地盤震動特性の評価,第9回地盤工学会関東支部発表会(Geo-Kanto 2012)発表講演集,No.A0023, 2012.10.
  8. 秦吉弥,一井康二,野津厚,丸山喜久,酒井久和:地盤構造物の性能評価のための余震観測の重要性 -2011年東北地方太平洋沖地震における最遠方液状化地点での地震動の推定-,防災・減災のための地盤構造物の設計・施工法に関するシンポジウム論文集,地盤工学会,2012.
  9. 渦岡良介,島袋ホルヘ,酒井久和,谷本俊輔:河川堤防に対する強震継続時間が長い地震動の影響について,強震継続時間が長い地震動に対する土木構造物の耐震性評価シンポジウム,pp.111-137,2012.
  10. 秦吉弥,一井康二,酒井久和,丸山喜久:2011年東北地方太平洋沖地震における最遠方液状化地点での3次元有効応力解析,強震継続時間が長い地震動に対する土木構造物の耐震性評価シンポジウム,pp.55-58,2012.
  11. 秦吉弥,一井康二,酒井久和,野津厚:宮城県・鳴瀬川流域周辺の強震観測点における常時微動H/Vスペクトルとサイト増幅特性,広島大学大学院工学研究科研究報告,Vol.60,No.1,2011.
  12. 酒井久和,山地智仁,小川悟史:不連続変形法に基づく2001年芸予地震時の石積み擁壁の崩壊シミュレーション,第30回土木学会地震工学研究発表会論文集,pp.1-6, 2009.5.
  13. 酒井久和・岡本敏郎・吉田望・西村真二・渡辺健治:土構造物の地震時の性能設計の現状,土構造物の地震時における性能設計と変形量予測に関するシンポジウム発表論文集,pp.3-18, 2007.7.
  14. 酒井久和,吉田望,澤田純男:時刻歴応答解析における地震動の区間線形化の影響,第28回土木学会地震工学研究発表会報告集,No.149(CD-ROM), 2005.8.
  15. 張富明,酒井久和,山下忠道,久保哲夫:鉄筋コンクリート橋脚の3次元地震応答解析と崩壊性状,第4回構造物の破壊過程解明に基づく地震防災性向上に関するシンポジウム,pp.227-232, 2003.3.
  16. 龍田昌毅,井合進,小堤治,溜幸生,山本裕司,酒井久和,金子浩士,森浩章:有効応力解析プログラムFLIP」による地盤の初期応力条件を考慮した矢板式岸壁の地震応答解析,第46回地盤工学シンポジウム平成13年度論文集,pp.13-18, 2001.11.
  17. 酒井久和,中村晋:開削トンネルの耐震性評価における初期自重解析の影響,第26回地震工学研究発表会,pp.753-756, 2001.8.
  18. 中山裕章,酒井久和,金子浩士,足立雅樹,井合進,森浩章:FLIPによる矢板式岸壁の耐震性評価について,第26回地震工学研究発表会,pp.817-820, 2001.8.
  19. 酒井久和:GAを用いた非線形多自由度系の震動特性の同定,第25回地震工学研究発表会,pp.97-100, 1999.7.
  20. 中村晋,西山誠治,酒井久和:地中構造物の地震被害解析に及ぼす計算手法の影響に関する一考察,第25回地震工学研究発表会,pp.645-648, 1999.7
  21. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:地盤の非線形性を考慮したポートアイランド基盤入力地震動の推定,第24回地震工学研究発表会,pp.65-68, 1997.7.
  22. 酒井久和,清宮理:埋設地下構造物の横断面の耐震性評価,第2回阪神・淡路大震災に関する学術講演会論文集,pp.413-420, 1997.1.
  23. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:時間領域での逆算による基盤入力地震動の推定,第23回地震工学研究発表会, pp.177-180, 1995.7.
  24. 酒井久和,土岐憲三:地震時における構造物基礎の動的安定性の照査,第22回地震工学研究発表会,pp.711-714, 1993.7.
  1. 三輪建太,酒井久和:宅地石積み擁壁に対する数値シミュレーション,日本建築学会学術講演梗概集,pp.233-234,2012.9.
  2. 秦吉弥,一井康二,野津厚,丸山喜久,酒井久和:浦安市今川における地盤震動特性の評価,日本地震工学会大会梗概集,2011.11.
  3. 酒井久和:リスク評価に基づく道路ネットワークの耐震設計法を目指して-土構造物・斜面の耐震信頼度解析-,土木学会全国大会研究討論会,2011.9.
  4. 三輪建太,酒井久和:石積み擁壁の模型実験に対する不連続変形法の数値シミュレーション,日本建築学会学術講演梗概集,pp.615-616,2011.8.
  5. 酒井久和:海抜0m地域の堤防の地震時機能性について,京都大学平成22年度「大加速度・速度の強震動の生成と地震被害に関する研究集会」,2010.12.
  6. 速水喜裕,三村誠,田尾徹郎,酒井久和:清水寺参道の石積み擁壁の耐震性評価,第60回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,2010.9.
  7. 田尾徹郎,酒井久和:拘束された集合柱による新しい耐震構造の実用化に関する研究,日本建築学会学術講演梗概集,2010.9.
  8. 田尾徹郎,宮本雄樹,正岡淳也,酒井久和:呉市中央地区の小学校通学路における石積み擁壁の地震ハザードマップ,日本建築学会学術講演梗概集,No.21104,pp.207-208, 2009.8.
  9. 酒井久和:ジャワ島の歴史文化遺産の被害,ジャワ島南西沖地震・津波災害に対する緊急調査団・スマトラ島沖地震津波災害に対する詳細調査団報告会,2006.9.
  10. 土構造物の地震時における許容変形と性能設計に関する研究委員会:土構造物の地震時における性能設計法の現状と今後の展望,第41回地盤工学研究発表会ディスカッションセッション資料,2006.7.(CD-ROM)
  11. 長谷川浩一,酒井久和,佐藤忠信:管路延長を用いない水道管被害率の算出,日本地震工学会大会梗概集,pp.512-513, 2005.11.
  12. 酒井久和,長谷川浩一,佐藤忠信:2004年新潟県中越地震と近年の被害地震における道路の被害と復旧過程,日本地震工学会大会梗概集,pp.514-515, 2005.11.
  13. 酒井久和,長谷川浩一,佐藤忠信:新潟県中越地震における道路ネットワーク機能の被害と復旧,第60回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,No.I-673, pp.1343-1344, 2005.9.
  14. 長谷川浩一,酒井久和,佐藤忠信:新潟県中越地震におけるライフライン復旧の相互連関性の分析,第60回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,No.I-674, pp.1345-1346, 2005.9.
  15. 長谷川浩一,酒井久和,若松加寿江:新潟県中越地震における水道配水管被害と地形分類の関係,日本建築学会学術講演梗概集,pp.565-566, 2005.9.
  16. 酒井久和,吉田望,澤田純男:非線形地盤震動解析の誤差 -陰な時間積分法と解の周波数特性-,日本地震工学会大会概要集,pp.212-213, 2005.1.
  17. 酒井久和,吉田望,澤田純男:地盤の地震応答解析に与える数値積分手法の影響,第59回土木学会年次学術講演会講演概要集,第3部,No.3-223, pp.445-446, 2004.9.
  18. 酒井久和,澤田純男:有効応力解析に基づいた基盤入射波分離問題における解の安定性の検討,第27回土木学会地震工学論文集,2003.12.
  19. Nelson PULIDO, Bartolome BAUTISTA, Leonila BAUTISTA, Hiroshi ARAI, Hisakazu SAKAI, and Tetsuo Kubo : Strong Ground Motion Estimation in Metro Manila (Philippines) from a Scenario Earthquake of the West Valley Fault - Fault Asperity Model and Bedrock Ground Motion (Part 1) -,日本地震工学会大会, pp.150-151, 2003.11.
  20. 酒井久和,Bartolome C. BAUTISTA,Maria Leonila P. BAUTISTA,Nelson PULIDO,新井洋,久保哲夫:マリキナ西断層を震源とするシナリオ地震によるマニラ首都圏の強震動予測-(その3)地盤の非線形応答解析に基づくモンテンルパ市の想定地震動-,日本地震工学会大会,pp.154-155, 2003.11.
  21. 松本敏克,坂田勉,池澤市郎,大友敬三,酒井久和:地中構造物の耐震性能評価における鉛直地震動の影響について,第58回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,No.I-179, pp.357-358, 2003.9.
  22. 酒井久和,澤田純男:有効応力解析に基づく基盤入射波推定法のロバスト性について,第58回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,No.I-260, pp.519-520, 2003.9.
  23. 張富明,酒井久和,山下忠道,久保哲夫:区間線形復元力を有する多自由度系の瞬間剛性の算定法,日本建築学会学術講演梗概集,B-2, pp.407-408, 2003.9.
  24. 酒井久和,澤田純男:基盤入射波推定問題への有効応力解析の適用,第38回地盤工学研究発表会,pp.2079-2080, 2003.7.
  25. 池上成洋,出野雅和,酒井久和,山崎浩之:サクション基礎の加振時挙動について(RC製基礎と鋼製基礎の挙動比較),第57回土木学会年次学術講演会講演概要集,第3部,pp.1175-1176, 2002.9.
  26. 酒井久和,野津厚:地中構造物の耐震性に影響を及ぼす地震動の周波数帯域に関する一考察,第57回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,pp.1383-1384, 2002.9.
  27. 酒井久和:時間領域での基盤入射波推定に用いる非線形震動パラメータの同定,第1回日本地震工学研究発表・討論会梗概集,pp.44, 2001.11.
  28. 酒井久和:非線形地盤震動パラメータの同定問題へのGAの適用,第54回土木学会年次学術講演会概要,pp.156-157, 1999.9.
  29. 酒井久和:GAによる非線形地盤震動パラメータの同定,第34回地盤工学研究発表会,pp.1939-1940, 1999.7.
  30. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:土の引張破壊を考慮した盛土の非弾性地震応答解析,第53回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,pp. 504-505, 1998.10.
  31. 酒井久和,清宮理:時刻歴応答解析による地下鉄駅舎の被災メカニズムの一考察,第52回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,pp.908-909, 1997.9.
  32. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:時間領域における基盤入力地震動の同定手法,第51回土木学会年次学術講演会講演概要集,共通セッション,pp.12-13, 1996.9.
  33. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:時間領域における基盤入力地震動の推定,第50回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,pp.1284-1285, 1995.9.
  34. 酒井久和,澤田純男,土岐憲三:非線形FEMのための直接積分法,第49回土木学会年次学術講演会講演概要集,第1部,pp.934-935, 1994.9.
  35. 酒井久和,清宮理:船舶の衝突による防波堤ケーソンの安全性の検討,第44回土木学会年次学術講演会講 演概要集,第1部,pp.576-577, 1989.10.
  1. 土木学会(分担執筆):地下構造物の耐震性能照査と地震対策ガイドライン(案),土木学会,2011.9
  2. 土木学会(分担執筆):これからの安全・安心‐災害情報を生かす‐,土木学会誌叢書9,2008.4
  3. 酒井久和:土構造物の耐震性評価方法の現状と課題,長周期・長継続時間地震動への備えはできているか-現代社会の盲点を探る-,第9回地震災害マネジメントセミナー,pp.45-54,2008.2.
  4. 土木学会(分担執筆):巨大地震災害への対応検討特別委員会報告書,2006.3.
  5. 一井康二,野津厚,酒井久和:地震応答解析における入力地震動をどう考えるべきか,日本地震工学会誌,No.3, pp.4-9, 2006.1.
  6. 酒井久和,五十嵐晃:来るべき巨大地震への備えは?,教訓は十分に生かされているか?-阪神・淡路大震災10周年に当たっての検証-,土木学会誌,Vol.90, No.1, pp.39-41, 2005.1.
  7. 飯塚敦,木村亮,酒井久和,前川太:土構造物の品質評価に関する研究委員会の活動概要,土構造物の品質評価と性能設計-土構造物の品質評価に関する研究委員会報告-,pp.25-29, 2004.11.
  8. 日本建築学会(分担執筆),2003年5月26日宮城県沖の地震災害調査報告,2003年7月26日宮城県北部の地震災害調査報告,2004.3.
  9. 日本建築学会東北支部(分担執筆),2003年5月26日宮城県沖の地震災害調査速報,2003.7.
  10. 土木学会(分担執筆),阪神・淡路大震災調査報告,第5巻,土木構造物の被害原因の検討(耐震基準の変遷)(構造システムと耐震性)(地中構造物),1999.11.
  11. 土木学会(分担執筆),構造工学シリーズ7,構造工学における計算力学の基礎と応用,1996.12.
  1. 酒井久和:軟弱地盤の圧密促進工法,特開平9-119128号,平成9年5月
  1. 科学研究費補助金,基盤研究(B)一般(分担),"地盤生態系の富栄養化による微生物活動が促進する力学的劣化と地盤災害の誘発シナリオ",平成23~25年度
  2. 科学研究費補助金,基盤研究(B)一般(分担),"線状地下構造物に対する縦断方向の耐震性能評価手法の開発とその設計への適用",平成22~24年度
  3. 科学研究費補助金,基盤研究(A)一般(分担),"拘束された集合柱による新しい耐震構造の実用化に関する研究",平成21~24年度
  4. 科学研究費補助金,基盤研究(B)(2)一般(代表),"土の引っ張り破壊を考慮した土構造物の地震時被害評価手法の開発",平成16~18年度
  5. 科学技術振興費,大都市大震災軽減化特別プロジェクト(分担)"耐震性の飛躍的向上-震動台活用による耐震性向上研究",平成17年度
  6. 科学研究費補助金,基盤研究(B)(2)一般(分担),"ピロティ建物の崩壊メカニズムの解明及び地震被害を軽減する変形配分型構造の開発",平成16年度
  7. 科学技術振興調整費,平成16年新潟県中越地震に関する緊急研究(分担),平成16年度